開智小学校(総合部)

本校児童が「全国学芸サイエンスコンクール」で入選しました。

本校児童が「全国学芸サイエンスコンクール」で入選しました。

開智小学校プライマリーの児童は、毎年夏休みの間にそれぞれが興味関心のあるテーマを設定して探究活動を行い、全員がその成果を9月の探究発表会でプレゼンテーションします。
そして、その中から優れたものを学校代表として選抜し、旺文社主催の「全国学芸サイエンスコンクール」に出展しています。
今回、本校4年生の関井陽くんが取り組んだ「作業がしやすく、早く火が起こせる火起こし器をさぐれ」が、「社会科自由研究部門」にて入選いたしました。
全国学芸サイエンスコンクール受賞者一覧へのリンク

 

今日行われた児童会集会では、受賞のお知らせと同時に、関井くんに実際に探究プレゼンテーションを行ってもらいました。いろいろな種類の火起こし器を使ってデモンストレーションをすると、短時間で煙があがり、発表を見ていた子どもたちからも歓声があがりました。
仮説をたてて検証するというプロセスや、本やインターネットで調べるだけではなく、実際に手を動かして探究するという姿勢は、他の児童にとっても良いお手本になりました。
入賞、おめでとうございます。

Return Top

Copyrighted Image