開智小学校(総合部)

4年生「ものづくり」 ~かんな削り体験~

4年生「ものづくり」 ~かんな削り体験~

4年生の一年間の体験テーマは「ものづくり」です。
今日は、様々なものづくりに使われる「木」について学ぶため、
岩槻にある木の博物館「木力館」のみなさんにお越しいただきました。

始めに、木の大切さについて教わりました。
「水」や「空気」が大切なのは当たり前だけど、
実はその「水」や「空気」をきれいにするのは、「木」であることを学びました。
また、日本の国土の70%は森林であり、その緑があるからこそ、
日本の空気がきれいであることも知ることができました。
子どもたちは館長さんの話を真剣に聞き、メモをとりながら、学んでいました。

最後に、「かんな削り」体験もさせていただきました。
職人さんに教わり、檜の木材を、かんなを使って削ります。
薄く削られた木の香りをかぐと、とてもいい檜の香りがしてきて、
子どもたちも驚きの声をあげていました。
また、かんなで削った木材はとてもつるつるしていることにも驚いていました。
五感で「木」を感じる時間となりました。

Return Top

Copyrighted Image