開智小学校(総合部)

7年生 学校づくりプロジェクト

7年生 学校づくりプロジェクト

7年生は、今年のフィールドワークで富山県を訪れ、地域コミュニティーづくりについての探究活動を行いました。その成果を自分たちの学校づくりにも活かそうということで、子どもたち自身の手で行われているのが、この「学校づくりプロジェクト」です。

8日(土)の放課後に、「教育」をテーマに探究活動を行ったグループが、プライマリー児童を対象に、お楽しみプログラムを企画運営してくれました。これは、「小学生の放課後を地域コミュニティーで支えていこう」という富山県での取り組みを参考に、7年生が企画してくれたものです。お兄さん・お姉さんのリードのもと、楽しそうに宝探しや昔遊びをするプライマリー生の笑顔が印象的でした。

他にも様々な「プロジェクト」が進んでいます。
あるグループでは、ベルマークを集める活動や、使わなくなった古着や毛糸を集めてティッシュケースやストラップなどを作り、バザーで売った収益金を被災地に寄付しようという活動を行っています。



また、別のグループでは、校舎内の安全を守るために、まずは廊下の右側通行を意識してもらおうということで、廊下の真ん中にテープを引く活動を行いました。今後、さらに安全に過ごすための方策を考えているところです。

このように、フィールドワークで学んだコミュニティーづくりの考えを、様々な視点から自分たちの学校づくりに活かしていこうと、7年生たちが頑張っています。これからの活動も楽しみです。

Return Top

Copyrighted Image