開智小学校(総合部)

運動会 閉会式 児童生徒代表 挨拶

運動会 閉会式 児童生徒代表 挨拶

 

運動会 閉会式 児童生徒代表挨拶

7月から準備を進めてきたこの運動会も、皆様のお蔭で無事に閉会式を迎えることができました。
2学期の最初、私はやる気に満ちあふれていました。
ずっと待ち望んでいた、自分達が最上級生として迎える運動会で、「たくさん活躍をしたい!」、「Teamを引っ張って行こう!」、と考えていました。
しかし、練習が始まると、行き詰まることが多くなりました。
思うようにまとめられない、気持ちが上手く伝わらない、などと、私だけでなく、どこのTeamの8年生も悩みを抱えていたのではないでしょうか。
今年度は祝日も何日かあり、練習時間が限られている中、Teamの皆の体調面・集中力を考えて練習日程を組んでいましたが、時間の少ない中、Teamでまとまって、「より完成度を高めたい!」と思う気持ちに、次第に体力的にも精神的にも追いつけなくなっていました。
「優勝したい!皆で同じ方向を向いて頑張りたい!」 という思いが強くあり、真剣になるからこそ、8年生同士が激しくぶつかったり、泣いたりする場面も、毎日のように見受けられました。
8年生にとっては最後の運動会で、必死になるあまり、下級生に強く当たってしまうこともあったと思います。
どうしたら皆が練習に参加してくれるか、Team全員が気持ちを高く持って練習にのぞんでくれるか、指示に従ってくれるか、、、8年生で何度も何度も話し合いを重ねました。
8年生が怒ってばかりいたら伝えたいことも伝わらないのではないかと考え、下級生がやる気を出してくれるような伝え方をしてみました。
伝え方を考えたり、工夫したりして声掛けをするうちに、自然と下級生も一生懸命、私達8年生について来てくれるようになり、こうして本番を迎えることができました。
今日、見に来てくださった方々には、こうしてこの場が出来るまでに、たくさんの努力と、それぞれのTeamの物語があったということを、感じていただけたのではないでしょうか。
8年生がまとめてきただけはなく、7年生が声をかけてサポートしてくれたり、5・6年生、プライマリー生も上級生の指示に一生懸命ついて来てくれたりと、下級生の支えと、先生方・保護者の皆様のサポートがあってこその運動会だったと感じています。とても、感謝しています。

最後になりますが、
私達8年生は、この運動会を通して、こうして皆さんの前に立ち、Teamを引っ張ったり、下級生をフォローしたりしながら、集団をまとめていくことの難しさを学びました。
悩み苦しむ中、下級生の言動に不満を持つことがあっても、8年生同士ぶつかり合っても、やはり8年生は、Teamのメンバー全員のことが大好きで、「このメンバーと一緒に運動会をやり遂げたい!」、という強い思いがあったからこそ、辛いことにもやり甲斐を感じて頑張って来れたのだと思います。
これらの思いは、「総合部の8年生」という学年の中で、気付き・学べるものだと感じました。
今日の運動会を経て、Teamの絆がより深まったと思います。今日は本当に、最高の運動会でした!

今年度の集大成に向けてのカウントダウンは、既に始まっています。
これからも、全力で、Teamの絆をさらにパワーアップさせて、頑張って行きましょう!

児童生徒会長 8年ベローナ 小宮雪鹿

運動会を成功させようという最上級生としての責任感、ティームのみんなで優勝しようという熱い想い、
そして総合部で過ごした8年間の成長が詰まった、素敵なスピーチでした。

Return Top

Copyrighted Image