開智小学校(総合部)

1年生オータムスクール@日光

1年生オータムスクール@日光

1年生は、10月24日~25日の1泊2日で、栃木県日光市に「オータムスクール」に行ってきました。

「オータムスクール」で探究してきた場所は、日光だいや川公園の森の中。
「はっぱ」「きのみ」「きのこ」「いろ・かたち」「おと・におい」の5つのグループに分かれ、自然の中でたくさんの「?」と「!」を見つけてきました。

★森の中での子どもたちのつぶやきいろいろ★
「どんぐりが、たくさん落ちているね。この前、台風がきたからいっぱい落ちているのかな?」
「森のにおいがする。土みたいなにおい。雨のにおい。」
「この葉っぱ、てんぐの葉っぱみたい!」
「あっ!どんぐりからなにかにょろにょろしたものが出ている!あさがおの根っこににているね。これはどんぐりの根っこなのかなぁ。」
「10こもきのこがかたまっているところがあるよ。」
「おもしろい形、おもしろい色のきのこがある!」
「森には、いっぱい色があるんだねぇ」
「やまびこは、ここではできないみたい。なんでかな?」
「はっぱのかたちは、いろによって変わるんだ」
「森の中のざいりょうで、ギターをつくったらいい音がでたよ」

夜は、日光の森のことをよく知っている「森の先生」たちとお話をしながら、探究を深めていきました。森の先生たちは、子どもたちの質問に対し、そのまま答えとなる返答をしません。子どもたちが不思議に思ったこと、おもしろいと思ったことが更に深まるように考えて答えを返してもらいました。「こんなもの見つけたんだよ!」「ぼくはこう思うんだけど、どうかな?」など、子どもたちは森の先生と積極的に交流しながら、この日発見したことを「もりもり探究ノート」に、どんどんどんどん記録をしていきました。

2日目は、「探究発表会」です。森を探究して一番心に残ったことを、一人一言ずつみんなの前で発表します。109人の仲間の前で、自分の考えを発信するのは、子どもたちにとって、とてもドキドキすることです。自分が一番伝えたいことをじっくり考え、どうしたらうまく伝わるかもじっくり考えて、いざ発表!みんな、自分の想いを自分の言葉で一生懸命にお話することができました。頑張りました!

1年生にとって、初めての宿泊学習。家や学校を離れて仲間と生活を共にすることは、とても大変なことです。「自分でできることは自分でやる」という意識を持ち、仲間と協力しながら、楽しく過ごすことができた子どもたち。素晴らしかったです。互いに支え合い、みんなで創った「オータムスクール」となりました。

Return Top

Copyrighted Image