開智小学校(総合部)

通常授業が再開しました

通常授業が再開しました

6月22日(月)から、総合部では全学年が通常日課で登校し、通常の時間割での授業が始まりました。
ようやく、今年度の新しいティームが全員揃うことができました。

全員揃って学ぶことができる喜びは大きいですが、一方で気をつけなくてはいけないことも増えてきます。
ソーシャルディスタンスを意識して生活すること、マスクや咳エチケット、手洗い消毒の実施、など、自分に何ができるのかを考えて行動することを改めて全員で確認しました。

ティームの時間では、改めてお互いの自己紹介をしたり、ティームでの目標やティームテーマを決めたりと、早速ティームでの活動が始まっています。

休み時間は、学年ごとにグラウンドを使える時間を定めて、分散で遊ぶことにしています。
子どもたちはどんな遊び方がふさわしいかを自分たちで考え、なわとびをしたり、追いかけっこをしたりと、久しぶりにお友達と遊べることがとても嬉しそうでした。

3・4年生は委員会オリエンテーションを行いました。プライマリーでは3年生から委員会活動がスタートします。
昨年委員会活動を経験した4年生が、3年生に向けてその委員会の役割ややりがいをプレゼンテーションします。
例年は学年全体で集まって委員会オリエンテーションを行っていましたが、今年は、各ティームをzoomでつなぎ、代表者のスピーチを配信するという形をとりました。オリエンテーションの後、各ティームで決定した委員会で、来週から本格的に活動が始まります。

パーソナルの授業も各ティームでスタートしました。子どもたちは自分の興味関心にあわせてパーソナルテーマを設定し、自らの計画のもと学習を深めていきます。

様々な制限はありますが、ようやく総合部の日常が戻ってきました。

Return Top

Copyrighted Image